So-net無料ブログ作成
検索選択
楽天ランキング(スイーツ)売れ筋商品

この世界の片隅に ドラマ あらすじ

クリック応援よろしくお願いします ⇒        この世界の片隅に ドラマ あらすじ

昨日8月5日(金)に日本テレビ系列でドラマ「この世界の片隅に」が放送させました。


あらすじ 終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に ネタバレ


太平洋戦争真っ只中の広島。
主人公であるすずは、広島市から呉へと嫁いでいく。北條家に嫁ぎ、大らかさで働き者のすずは明るく過ごす。
引っ越しの片づけをしていると綺麗なリンドウの描かれたお茶碗を見つけるが記憶にない。
これは誰のだろうと家族に聞くが誰も知らない。
そんな時、夫・周作が娼婦のリンと結婚前に密かに通じ合っていた女性だったことを知る。
リンさんと結婚しようとしプレゼントしようとしていた茶碗だからリンドウだと知ってしまう。
夫のことが許せないすずはすれ違い始める。

戦火は激しくなりおじは負傷を追う。
そんなおじを見舞ったときに義姉に用事があるから娘を連れて先に帰ってと言われるのだが、
無邪気に押し花を作ろうと道端に咲く綺麗な花を摘んでいた姪っ子の近くに爆弾があることに気づき逃げるも時すでに遅し。。。
姪っ子は亡くなり、すずは右手を失う。
右腕を失えば姪っ子の命は助かったのか?両腕を失えば。。。両足を失えば。。。
自問自答を繰り返し、生きることに希望を失っていたころに終戦を迎える。

消息が途絶えた広島の実家を探しに行くが、原爆が落ち街の風景は一変していた。
そんな夜に絶望の中ウツウツしていると1人の少女が現れる。
生き延びたが1人になりおにぎりを取ろうとしていたのだが、すずはやさしく語りかけおにぎりをあげるのだった。
そんな時に周作さんが現れ幼少の頃の出会いを告げられた。
子供の頃、荷台に乗せられ人さらいにあったと思っていたのは周作が駅まで送るために手押し車を借りたものだったと。。。

キャスト 終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に


・北條すず・・・北川景子 ・北條周作・・・小出恵介 ・白木リン・・・優香 ・水原 哲・・・速水もこみち ・北條径子・・・りょう ・北條円太郎・・・篠田三郎 ・北條サン・・・市毛良枝 ・北條晴美・・・小西舞優 ・千鶴・・・芦田愛菜


原作 終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に





感想 終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に


話の内容は良かったと思うのだけれど、タイタニックばりのシーンがあったり、街並みが新しかったり、背景に時代に沿わない人工物があったりと気がそれる場面が多々あったのが残念でした。




続きを読む


Copyright © 気持ちだけでも悠悠自適の生活@悠真 All Rights Reserved.
ソーラー発電

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。